引越しで安い費用に抑えるマル秘情報|カシコイ節約方法

作業員

住所を変更する

部屋と箱

新居に引越しをする際は、運転免許証や銀行・クレジットカードなどの住所変更の手続きを早めに行うようにしましょう。住所変更をしていないとあとでトラブルになる場合もあるので、多少面倒でも早めに済ませておいた方が無難です。

もっと読む

お得に賢く移動するために

女性

事情があって住んでいる場所から移る場合、部屋にある荷物をまとめるため利用するのが、引越し業者です。引越し業者は全国各地にあり、様々なサービスを展開していますが、後悔の無い方法を選択する事が大切です。激安価格で提供している引越しサービスがありますが、多くの場合、梱包を簡素化するために緩衝材を少なくしたり、留め具を使わない事があります。安くするために取られる措置ですが、これでは移動の際に荷物がずれて破損する可能性があるので注意します。また激安の引越しでは人件費を抑えるために作業員1人で対応する業者もありますが、荷物が多い時は対応しきれない場合があります。そうなると作業員を追加しますが、追加した人数はオプション料金となるため、別途費用が発生します。

荷物を持っての移動は想像以上にお金がかかる作業なので、唯一費用を見直せるのは業者の利用料金だけです。安い費用に抑えるマル秘情報を紹介していきます。少しでも安く引越しを実現したいなら、1つの業者だけではなく複数の業者を比較すると良く、見比べて分かる事があります。業者を比較すると最安値と相場が判明するため、料金とサービス内容に重点を置くと選択しやすくなります。激安価格と評判の引越し業者を比較する時も同じで、安い価格でサービスを提供している業者同士を見比べると違いが明確になります。激安価格同士の比較は料金以外の部分が見えるため、スタッフの対応や割引率等、細かな点がチェックできます。また引越し予定日より数カ月前に申し込むと、早割という制度を設けている業者もあるため、通常よりもお得に利用できます。

最低限のマナー

女の人

引越をする際には、近隣の住民への挨拶が欠かせないです。挨拶をすることで、引越の作業時の騒音などをあらかじめ詫びることができます。また、こちらの人間性を把握してくれるので、今後の近所づきあいが円滑になります。

もっと読む

コンパクトに纏めましょう

荷造り

引越し準備で要になるのは、電化製品の買い替えによる省エネ化と、いかに引越し業者を使わずに済ませるかです。電化製品の買い替え目安は約3〜5年以上使用したもので、宅配便で送れるサイズは大体大きめのたんすサイズぐらいです。これらをクリアする事で、安く・簡単に引越し準備を行うことが出来ます。

もっと読む