住所を変更する|引越しで安い費用に抑えるマル秘情報|カシコイ節約方法

引越しで安い費用に抑えるマル秘情報|カシコイ節約方法

ダンボール

住所を変更する

部屋と箱

運転免許証の変更は早めに

新居に引越しをしたら、運転免許証の住所変更手続きを早めに行うようにしましょう。住所を変更していなくても運転免許が取り消しになることはありませんが、現在住んでいる住所と運転免許証の住所が異なる場合は、本人確認の際に手続きに手間どってしまうことがあります。そのようなことがないように、新居に引越したらなるべく早めに住所の変更手続きを行うようにしましょう。運転免許証の住所を変更するには、運転免許証と印鑑、新しい住所を確認できる書類が必要となります。新しい住所が確認できる書類として、公共料金の領収証や住民票の写しなどが可能です。警察署や運転免許センターで運転免許証の住所変更の手続きを行うことができます。

銀行の住所変更は簡単

運転免許証の住所変更手続きを済ませたら、銀行への住所変更手続きも忘れずに行うようにしましょう。引越し後に住所変更をしていなくてもこれまでと同じようにキャッシュカードや口座を利用することはできますが、銀行からの大事な郵便物が届かなかったりしてあとで困る場合があるので、引越し後はできるだけ早めに手続きを済ませておくようにしましょう。銀行の住所変更手続きは窓口まで行かなくてもインターネットや電話などで行うことができるので、手間がかからずとても簡単です。銀行によって手続き方法に違いがあるのでホームページなどで確認してみてください。あわせてクレジットカードの住所変更の手続きも早めに行うようにしましょう。