最低限のマナー|引越しで安い費用に抑えるマル秘情報|カシコイ節約方法

引越しで安い費用に抑えるマル秘情報|カシコイ節約方法

ダンボール

最低限のマナー

女の人

礼儀のために欠かせない

一軒家やアパートなどの賃貸物件に引越をする際、隣人に挨拶をするのが最低限のマナーです。何の挨拶もなく入居する事は、隣近所の住民への印象を悪くします。そもそも引越で挨拶をする目的は、二つあります。まず、引越作業中は、業者のトラックが道を占有する、荷物を運ぶ音などで迷惑をかけます。そのため、きちんと隣近所の人に挨拶とともに一言断っておくという目的があります。事前に伝える事で、当日の騒音トラブルが起きにくくなります。それと、挨拶には、今後の近所付き合いを円滑にする目的もあります。最初に挨拶をしておけば、隣近所にどういう人間が越してきたのか知らせる事が可能です。その結果、安心感を与えられ、良好に人間関係を築けることに繋がるのです。

持っていく粗品

隣近所に引越の挨拶をする時には、手ぶらで行くのはマナー違反です。一般的に千円以下で購入できる粗品を持っていくと、印象が良くなります。お勧めの粗品としては、ハンドソープ、台所用、洗濯用洗剤などの日用品です。その他にも、仕事や家事 の疲れを癒すことができる入浴剤も最適です。これらの日用品は、使用期限がないのでゆっくりと使うことができます。なので、多くの方に喜ばれる粗品といえます。挨拶として粗品を持っていく時に忘れていけないのは、蝶結びの水引の熨斗をつけることです。粗品に必ず熨斗をつけて、その上に「御挨拶」、そして下に名前を記入して渡します。すると、先方もこちらの苗字を知ることができ、確実に覚えてくれます。